Topaz Sharpen AIで185系の失敗写真を救えた

三島田町駅近くの珍スポットで185系を撮ってきたのだが、シャッタースピードを間違えてぶれてしまった。自分の設定は1/500秒だったが、こういう写り方のときは1/4000秒でもいいくらいかもしれない。やっちまった。しかし、Topaz Sharpen AIを適用したらごく簡単な操作により十分なクオリティで補正ができ、撮り直しの手間が省けた。以下、比較。

等倍で見るとヘッドマークあたりに微妙におかしいところもあるのだが、鑑賞サイズではまったくわからない。ワイド6切りサイズでプリントしても違和感はないので、これで良いことにした。このアプリは値段なりの価値はあると思う。今後も失敗したときはこれにすがってみよう。そもそもミスをしないことが一番だけどね。