2件のコメント

  1. こんにちは。オールドレンズ遊びをしていて絞り値のメモを残すためによい方法はないか,と思っていてTrisquelにたどり着きました。とても素晴らしいアプリでありがたく使わせていただいています。ありがとうございます。デジカメのrawファイルを現像してjpegにエクスポートする際にTrisquelが吐き出すjsonファイルを使ってexifデータにレンズ情報や絞り値を書き込もうと企んでいます。単にxmpファイルに必要な情報を自動で追記するだけのことなので難しい話ではなくて時間を見つけて汚いコードを書いています(昔の人なので今だにperlなぞ使っています)。xpmファイルの仕様を読んでいて,レンズのシリアル番号を入力したいなぁ,と思ったのですが,Trisquelにはレンズのシリアル番号を保存するフィールドがありません。レンズ名やメーカー名のところに区切り文字とともにシリアル番号もいっしょにいれていてjsonファイルを処理するときに分離すればよいような話なのですが,いろいろな意味でイマイチだなぁ,と思っています。これだけの完成度に到達しているTrisquelの機能を拡張されるご予定はないのかもしれませんが,将来,Trisquelのバージョンアップなどをされるときにレンズ情報にレンズのシリアル番号を入力するフィールドを追加していただければ,うれしいなぁ,という勝手な要望を書きたくてコメントしました。勝手なことを言っていてすいません。

    1. どうも、だいぶ返信に時間が経ってしまいましたが、ご利用とご要望ありがとうございます。
      シリアル番号はたしかに悩んだところでして、運用で回避できそうではあるにしても、フィールドがあれば使うこともあるというところかと思います。特に標準レンズだと同型番の本数が増えがちですから、区別したい、というのはありがちなシチュエーションだと思います。実際、私も無駄にSuper Takumar 50mm F1.4やXR RIKENON 50mm F2を複数持っています。
      最近は小規模な修正にも半年かかってしまうくらい気力の維持が難しく、また、まだまだパワーの要りそうな修正(読み込みパフォーマンスの高速化&非同期化、Android 11対応の検証)が控えていますので、優先度的にどうなるかわかりませんが、ToDoに入れておきたいと思います。

tnose へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です