CP+ 2017

見て面白かったもの。

KPのHIRAKI。メロンパン入れならぬペンタプリズム入れというフレーズが頭に浮かんできて困った。

KPは見る角度でずいぶん印象が違う。上から見るとトンガリの主張がおとなしく、私にとっては好ましい。

PENTAXブースで一番悲しい表示。望遠鏡から撤退してもう何年経つんだっけ?

手ぶれ補正のデモに使ってるこの機械が無駄にほしい。上に乗ったら楽しそう。この機械の製造業者のブースもどっかにあったんだが、一度通り過ぎたら見失ってしまった。

D FA★50mmのモック。左の手は大きさ比較用(しかしこれじゃ私自身しかわからんか、煙草の箱でもあればよかったんだが)。しげしげ眺めているとまあ大きさは許容範囲かなあという感想。50mmはいずれ手に入れるとは思うが、でも本当に真っ先にほしいのは星撮り用の超広角だ。このレンズ一本出すのにも苦労してそうなところを見ると、Samyangの20mmでお茶を濁したほうが良さそう。

というわけで件のSamyangブース。ペンタックス製品は新宿に行けば試せるけど、Samyangはそうまとまったチャンスはないので貴重な機会だ。置いてあったのはEFマウントだったんで写りは試せなかったが、質感だけでも、ね。多分買います。

 

セレストロン。シュミットカメラにデジカメが刺さってる…。あからさまに邪魔そうだけど写りに影響せんのかこれ?

BORGブースはBORGにいろんなメーカー・年代のカメラがごちゃまぜに刺さってて楽しい。

シグマブース。Kマウント出さないのも遠回りなんですかね???それ、そうそこの出目金レンズだよ、それを出すんだ!!!

ソニーブース。α7S IIが宇宙に飛んでいったらしい。よくわからんがめでたい。

 

社長がフレンズと化したVixen。最近の赤道儀のコントローラーはずいぶん豪華ですね。

ぶっとくて文字がでかくてつよい。

東芝は次に同じ名前で出展してるかどうかすら怪しい気がしたのでブースの写真を撮っておいた。

一番良かった展示(カメラ博物館)。鳩カメラ!!!!現物は初めて見た!!!!

総評

KPはもう新宿ビックやリコイメスクエアで触ってたんで会場では触る気が起きず、一見何のためにCP+に来たのかよくわからない感じだったが、来てみれば他にも見るものはあるのであって、なかなか楽しめた。THETAブースで360°のVRも初体験できたし。頭ブンブン振り回しても画面がきちんと追従するのは結構感心した(でも加速度センサーはもしかして中のスマホのものか?)。THETA+一眼の展示も質問しながらじっくり見たかったんだが、先客がいてなかなかタイミングが掴めなかった。もう少し粘るべきだったか。

上はアウトレットで買った信者グッズ。文字がでかいので買った。今回は総じてグッズの売れ行きが良いようで、売り子はほくほく顔だった。よきかな。

レンズの成仏、未だならず

大学のサークルのメンツに誘われて、夜間の撮影に行く機会に恵まれた。例のシグマの古いレンズの本来の使用目的を達成し、成仏させてやらにゃならん。

場所は修善寺の西にあるだるま山高原レストハウスで、撮影日は9/23~24にかけての夜だった。あいにく午前1時になるまでまともに星は見えず、ところどころ徐々に晴れてきても、雲がすぐ上空をかすめていく。そういうわけで、露出時間は1分持てば万々歳という感じだった。

imgp6848-2

さてそんな中例のレンズを使って撮れたのがこの写真である(12MBの原寸大ファイルはこちら)。富士山と市街地が収まるこの構図が28mmの画角で狙うならベストなんだろうが、なかなか真ん中の雲が取れてくれなかった。晴れ間を縫って焦りながらいろんな方向にカメラを向けたため、この雲が解消したときに取れた写真は構図が何かおかしかったりともう散々であった。さらに、画面右の片ボケがすごいことになっていて、縮小しても気づくレベルである。シグマにダメ元でも泣きついて調整依頼した方がいいのかしら…。左の方は、まあ古いレンズでここまで写れば上出来じゃないかと思うけど。

hakuchouなお、絞り開放ではそれほど隅でなくても点光源の収差が彗星どころか白鳥みたいな形になる。これは絞りF3.5くらいでようやく目立たなくなる。レンズの明るさはファインダーの見やすさやライブビューのためのものと割り切ったほうが良さそうだ。

まあどうせこんなこっちゃろうと思ってXR RIKENON 50mm F2も持ち込んでいたので、タイミングを見計らってオリオン座とカシオペア座に向けてみた。こっちも開放では多少柔らかいなと以前から感じていたので、最初からF2.8に絞って撮っている。
imgp6840-2

imgp6845-2

おっ、M42やh-χがちゃんと撮れてるのがうれしいですね。こちらはかなり隅を見ない限り良好。APS-Cの範囲ならおそらくバリバリ使えるし、1.3倍クロップでも多分大丈夫だろう。絞りの関係で光芒が出ているが、それはご愛嬌。とはいえこっちの写真も微妙に薄雲がかかってしまっているし、感度もやむを得ずバリバリ上げているので、どうにも不完全燃焼だ。

結局、眼視で楽しむならこのくらいの天気でも良いのだが、撮影するとなるとなかなか厳しい。また、例のシグマレンズはびっくりするような片ボケが分かってしまった。まだまだ成仏にはほど遠い。さてどうしようか。

(あと28mmだと微妙に広さが足りないと感じたので、リコーさんDFA24mm出してくれませんかねえ…)

 

小田原フラワーガーデン

バラが咲いてるそうです。たくさん。6/4まで。というわけで、K-1の初の本格出動。FA31mm、XRリケノン50mm、FA77mm、DFA100mmを持ってでかけてみた(結局AFの便利さには勝てずXRリケノン50mmはほとんど使わなかったが…)。

小田原フラワーガーデンにたどり着くには大雄山線の飯田岡駅から20分歩く方法と、小田原から出ているバスに乗る方法がある。行きは電車にしてみたが、坂がそこそこきつい上に暑くて、たどり着く頃にはバテてしまった。

IMGP9896 IMGP9899 IMGP9901

登っている最中もバンバン車が来るのでもしかしてヤバいぐらい混んでるんじゃないかと思ったが、そうでもなく、適度な賑わい具合だった。お昼をちょい過ぎた14時位にでかけたのが大きいかも。

IMGP0115

IMGP9912
IMGP9914

バラの中でも特に目を引いたのがこの青いバラ。シャルル・ドゥ・ゴールという品種らしい。青系のバラは独特の匂いがするのが特徴なんだそうだ。いくつか嗅ぎ比べてみたが、なるほど、典型的なバラとはちょっと離れた良い匂いがした。

IMGP9919

それからこのネギ坊主。説明は右の画像を見てくれ。IMGP9946

IMGP9944

目ん玉のついた株が何個かあって、かわいらしいと好評だった。

IMGP0090IMGP0038

しかしまあ、ぶらぶら撮ってみたが、FA31mmが広角になってしまって使いどころが難しい。IMGP0006

IMGP0009 IMGP9950 IMGP9952 IMGP9973

その代わり、FA77が使いやすくなって、出番が増えた。もともとAPS-CでHD DA55-300mmのワイド端あたりが好きな画角だったのだが、FA77だとさらに寄れるようになっていいことづくめだ。

IMGP0020 IMGP0061 IMGP0066 IMGP0063  IMGP0135 IMGP0120

 

とはいうものの、花を撮るにはやはりDFA100マクロのほうが具合が良い気がする。 IMGP0069 IMGP0071 IMGP0074 IMGP0076


IMGP0143
IMGP0146

IMGP0078

一通り使ってのK-1の感想。

  • 単焦点をつけていればそれほど重さは気にならない。DFA100だと少し長めになって重心がずれるので懸念があったが、大したことはなかった。
  • AWBの狂いで悩まされることが一切なかった。これはK-5 IIsからは大きな進歩。
  • 青系の発色も心持ち自然になったように見える。
  • ボディ内モータの音が小さくなっているので、あまり恥ずかしい思いをしなくて済む(当社比)。
  • もう一度言うがFA77が使いやすくなった。
  • K-5 IIsのもっさり感から脱却したため、とにかく操作にストレスがない。

いやあ、こいつはいい買い物ですぜ。

標準レンズで外に出て、広角レンズで戻ってきた。

レンズは同じまま。

というわけでK-1を有楽町ビックで手に入れました。思ったより連絡が早くてビビった。下記でつけているレンズはSIGMA HIGH-SPEED WIDE 28mm F1.8 Aspherical II。

IMGP9650 (1280x848)

ファーストショットはアイス抹茶ラテを撮影したこれ。あまりにも陳腐…。もうちょっと気合入れて撮影すればよかった。二枚目は幾分マシなので、この後作るレンズのページにでも掲載しておこう。

IMGP9554 (1280x854)

有楽町と秋葉原で撮影してみたので、K-5 IIsと比較した感想。

  • ボディが重い重いとよく言われるが、軽い単焦点なら首から下げてても気にならない。もっとも、私の場合K-5 IIsとα6000の二台を首から下げるという奇行を旅先で繰り返しているので、気にならないだけかもしれない。店頭での感触では、大三元ズームをつけるとかなり苦痛っぽいが、それはレンズが悪いでしょ…。
  • 持ってみると、小指の引っ掛かりが変わっていることから、縦方向にボディが大きくなっているのがよく感じ取れる。それ以外は、持った感触に違和感はない。
  • ファインダーは…特に感想はない。他社同様の透過液晶になったなあ、とそれだけ。水準器は前より見やすくなったかな。でも暗いところでどうなるかは気になる。
  • シャッター音は、K-5系よりK-3系に近いもの。あまり好きではない。
  • ボディ内モーターは静音化されたようで、これは明確に買いポイント。ただし、それでもフォーカスが迷うとビーッと結構甲高い音が出てしまう。シャッター音ともども音量を下げて音は高くする方向に振っているのだろうか。
  • さんざん報道されているにもかかわらずシグマのレンズを何も考えずにつけてしまったが、流石にここまで古いと問題ないようだ。
  • 設定などの操作レスポンスがK-5 IIsから大きく向上した。すばらしい。多分K-3からだとそれほど感動はないと思う。
  • Image Syncが使いにくくないですか??????
  • ライブビューは、シャッターを押した時の挙動、つまり撮影してミラーアップ状態に復帰するまでの時間が非常に速くなった。フォーカス速度はK-5 IIsと同レベルか(十分速いので伸びしろはなかったろうけど)。

今日のところは散歩して肉撮るくらいしかできなかったので、また持って出かけたい。

祝・K-1発売決定

K-1が出るらしいですね。

ところでその昔、小学生だった私は天体写真というやつを撮ってみたくて、天体望遠鏡で有名なVixenが出していたVX-1という格安カメラを買ったことがあった。当時、18000円くらいで買えた覚えがある。子供のお年玉でも買える額である。そして、シグマのHIGH-SPEED WIDE 28mm F1.8 Aspherical IIとかいうレンズも同時に買ってきた。たしか、巷の星景写真の指南本を見て、これくらいの画角があれば良さそうと考えて選んだのだった。しかし天文好きの割に遠征する行動力も金もないチキンだったから、まともな写真が撮れるのはお盆の九州帰省時のみ。初めてカシオペア座を撮って、東京に帰ってきてからルンルン気分で現像してみたものの、戻ってきた写真にはピンぼけした空が写っていた。無限遠にし忘れてたんですねえ。馬鹿だねえ。そして翌年の次の機会を待たずに存在を忘れてしまい、カメラとレンズは棚の奥にしまい込まれてしまったのだった。

今の今までは。

そう、VX-1というのはKマウントを採用していたのだ。ということは、このとき使ったレンズをK-1につければ、当時のままの画角で苦い思い出にリベンジできることになる(※星座は無限遠の被写体だから足で稼ぐことはできず、APS-Cではどうあがいても同じにならない)。

私がはじめてデジタル一眼レフ(K-5IIs)を買ったのは、乗り鉄ついでの記録用。ぶっちゃけ買った当時はVX-1とレンズのことなんか完全に意識の外で、K-5IIsボディの見た目と価格で決めたんだけれど、もしかしたら、Kマウントという言葉が、脳の奥の方にこびりついていてバイアスを掛けたのかもしれない。そういうわけで、買いますよ、K-1。リコーに言いたいことは腐るほどあるけれど。

でもなー、ファーストショットはFA31mmで昼間の被写体狙いたい気持ちもあるんだよね。悩ましい。