レンズの成仏、未だならず

投稿者: | 2016年9月27日

大学のサークルのメンツに誘われて、夜間の撮影に行く機会に恵まれた。例のシグマの古いレンズの本来の使用目的を達成し、成仏させてやらにゃならん。

場所は修善寺の西にあるだるま山高原レストハウスで、撮影日は9/23~24にかけての夜だった。あいにく午前1時になるまでまともに星は見えず、ところどころ徐々に晴れてきても、雲がすぐ上空をかすめていく。そういうわけで、露出時間は1分持てば万々歳という感じだった。

imgp6848-2

さてそんな中例のレンズを使って撮れたのがこの写真である(12MBの原寸大ファイルはこちら)。富士山と市街地が収まるこの構図が28mmの画角で狙うならベストなんだろうが、なかなか真ん中の雲が取れてくれなかった。晴れ間を縫って焦りながらいろんな方向にカメラを向けたため、この雲が解消したときに取れた写真は構図が何かおかしかったりともう散々であった。さらに、画面右の片ボケがすごいことになっていて、縮小しても気づくレベルである。シグマにダメ元でも泣きついて調整依頼した方がいいのかしら…。左の方は、まあ古いレンズでここまで写れば上出来じゃないかと思うけど。

hakuchouなお、絞り開放ではそれほど隅でなくても点光源の収差が彗星どころか白鳥みたいな形になる。これは絞りF3.5くらいでようやく目立たなくなる。レンズの明るさはファインダーの見やすさやライブビューのためのものと割り切ったほうが良さそうだ。

まあどうせこんなこっちゃろうと思ってXR RIKENON 50mm F2も持ち込んでいたので、タイミングを見計らってオリオン座とカシオペア座に向けてみた。こっちも開放では多少柔らかいなと以前から感じていたので、最初からF2.8に絞って撮っている。
imgp6840-2

imgp6845-2

おっ、M42やh-χがちゃんと撮れてるのがうれしいですね。こちらはかなり隅を見ない限り良好。APS-Cの範囲ならおそらくバリバリ使えるし、1.3倍クロップでも多分大丈夫だろう。絞りの関係で光芒が出ているが、それはご愛嬌。とはいえこっちの写真も微妙に薄雲がかかってしまっているし、感度もやむを得ずバリバリ上げているので、どうにも不完全燃焼だ。

結局、眼視で楽しむならこのくらいの天気でも良いのだが、撮影するとなるとなかなか厳しい。また、例のシグマレンズはびっくりするような片ボケが分かってしまった。まだまだ成仏にはほど遠い。さてどうしようか。

(あと28mmだと微妙に広さが足りないと感じたので、リコーさんDFA24mm出してくれませんかねえ…)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です